家を建てる

任意売却は大変複雑な手続きですので、経験の浅い業者に頼むと時間切れで競売になってしまったり、希望価格で売れなかったりすることもあります。任意売却は専門業者に頼んでも100%成功するわけではないのです。「引越し代100万円残せます」などという宣伝文句につられて悪徳な業者に申し込んでしまわないようにも注意が必要です。引越し代は出せてもせいぜい50万円が限度です。また、しなくていい自己破産をさせられたり、法外な手数料を取る業者にも注意が必要です。手数料は法律で一律に決められています。経験豊富で信頼のおける業者に依頼することが大切です。 また、金融機関によっては、早ければ滞納して3ヶ月で競売に申し込むところがあります。競売に入ってしまうと任意売却はできなくなるので、住宅ローンが払えなくなったら素早く対応する必要があります。

競売では市場価格よりかなり安い値段で売れてしまい、なお多額の借金が残ることがほとんどです。しかも手元に一切資金を残せず、近所に競売にかけられていることが知られてしまい、最後は強制退去させられてしまう場合もあります。 任意売却ではほぼ市場価格で売れ、借金が残っても無理なく分割払いができ、近所に知られることなく行なうことができます。交渉次第では、引越し代や当面の生活費が捻出できたり、理解のある投資家に買ってもらえればなおその家に住み続けることができる場合もあります。 このように交渉力などの能力によって結果が変わってくるので、経験豊富で信頼できる任意売却専門業者に頼むことが大切です。 任意売却をするためには債権者の同意が必要ですが、債権者にとってもメリットの大きいのが任意売却なので、問題なく同意が得られる場合がほとんどです。